もみじの天ぷらをご存知ですか?

もみじの天ぷらは箕面のお菓子

「もみじの天ぷら」を食べたことはありますか?大阪の箕面を訪れた人ならきっと一度は食べたことがあるのではないでしょうか?紅葉とおサルで有名な大阪府箕面市に伝わる昔ながらの伝統銘菓です。


カゴに盛ったもみじの天ぷら

地元の方には地元の名産品として手土産や贈り物として昔から親しまれています。

「天ぷら」といってもおかずではございません。もみじ葉を揚げたやさしい甘さと香ばしさが特長のかりんとうのようなお菓子です。

関西生まれの人は、遠足や行楽で箕面を訪れる機会が多く、「もみじの天ぷら」を食べながら参道を歩いたことのある人がたくさんいらっしゃることでしょう。

懐かしい記憶と結びついたその味を、時折無性に食べたくなると言って買っていかれるお客様がいらっしゃいます。

もみじの葉にコロモをつける


もみじの天ぷらの由来

1300年前、修験道場であったこの箕面山(大阪府)で、白衣に錫杖、ホラ貝姿で修行していた役の行者が、滝に映えるもみじの美しさを称え、灯明の油(菜種油)で天ぷらを作って旅人に振舞ったのが「もみじの天ぷら」のはじまりと云われています。

おもてなしの心と自然を愛でる日本の心から生まれた「もみじの天ぷら」。

長い時代を経て、幾度もその製法や味に改良を重ね、現在に伝えられてきました。


もみじの天ぷらはやめられない味


油っこくない、食べだしたらやめられない「もみじの天ぷら」作りが当店のモットーです。


さっぱりと、そしてパリッとした美味しい食感に仕上げるため、一枚一枚丁寧に油切りしております。

いつも最高の状態でお届けしたいそう思っております。
栽培・収穫から製品としてお店に並ぶまで
もみじの天ぷらは全てが手作業です。
そのため秋のシーズン中など、ご注文頂いてから少々お待ち頂くこともあるかもしれません。
ご了承くださいませ。

もみじの天ぷら

紅葉は木から育てています

使用している紅葉の葉は木から育てています。

まさか木から栽培しているとは思わないらしく、
説明するとほとんどの方がビックリされます。

柔らかく、くせのない、歯ざわりの良い食感の葉を育てるために、研究を重ね、無農薬栽培で育てた紅葉の葉を使用しています。

紅葉するもみじ
当店所有の紅葉です

もみじの天ぷらは伝統の味と製法です

創業以来、伝統の製法を継承しながら、常に最高の味と素材を追求し続けております。

【原材料】
紅葉の葉・小麦粉・砂糖・ゴマ

シンプルな原材料で無添加の体に優しいお菓子です。

【賞味期限】 約1ヶ月(未開封時)  夏場は約3週間(未開封時)



塩漬けになんと1年以上!お読みください→    もみじの天ぷらができるまで